Photographs・Books・Stationery・Music・Mac&PC etc...


by weblog244
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:万年筆 ( 3 ) タグの人気記事

"I want the fountain pen ..."


えい出版社のムック、文房具を愛し、人生を楽しむ本「趣味の文具箱 vol.4」発売中
バックナンバーも全部持ってますが、このシリーズ,好きな人には溜まりません(笑)





「趣味の文具箱 vol.4」■CONTENTS■

*筆記具のある場所/筆記具のある時間
*プロ厳選・はじめての万年筆はコレで決まり!!

*FABER-CASTELL
 ドイツ・ファーバーカステル社を訪ねて
 ファーバーカステル社の歴史
 ファーバーカステル社訪問記 …

*ペリカン万年筆100/100N/400分解

*ミニペン=お洒落×実用が本命!
 今すぐ買える現行ミニペン集
 小さいペンの小さいペンケース
 ミニペンのディープな世界

*Essay
「描く道具としての、僕の万年筆」文・絵=古山浩一
「書く悦びと誇り、万年筆という絆。」文=伊藤竜太

*万年筆を知り、万年筆を楽しもう!
 万年筆のペン先/胴軸/キャップ/手入れの基本

*NEW COLLECTION  新作コレクション300

*FILOFAX
「システム手帳」80年の伝統を守るファイロファックス

*魅惑のヴィンテージ・モンブラン

*特別付録
 図解「万年筆の楽しみ」 万年筆インク・カラーチャート
[PR]
by weblog244 | 2005-10-25 23:24 | Books ...
10/16の日記の続き…

AM10:30
新宿のネットカフェを後にして銀座の「伊東屋」本店へ
ここは文房具好きのワンダーランド、地下1階から地上 9階まで、ビル全体が文具のアミューメントパークなのだ

全部の階をひととおり見て、土産を買う


* 職場の人用に買った土産 "伊藤屋オリジナル 鉛筆補助具"


AM11:50
小降りの雨の中、「伊東屋」丸の内店に向かう
ここではカクテルのように、数種類のインクをその場で調合して作ってくれる 万年筆用のオリジナルインクがある

48種類のメニューの中から好みの色を指定する
選んだのは「Sherry Flip」というチョコレート色のようなダークブラウンのインク
ボトルとケースに同じ色のシールが貼られて、秋に似合う シックな感じに仕上がった


* カクテルインク「Sherry Flip」 & ペリカーノジュニア

ネット通販でも購入可、詳しくはこちら


PM12:05
有楽町のガード下で昼食をとって、麹町の会議場へ

PM 1:00 - 4:00
麹町で打ち合わせ、時間どおり問題なく終了

と思いきや、この後…

(PART3に続く…)
[PR]
by weblog244 | 2005-10-20 22:13 | Life ...

"Stationeries & Books ..."

昨日(10/5)、午後から休日出勤の振替休暇を半日とって、またまたナンバ(難波)へ(ナンパ(軟派)じゃないよw)

最初、コンタクトレンズを新しくしようと思っていたのだが、ネットでいろいろ調べてると職場の近く(といっても一駅先)に評判のいい眼科医を発見
コンタクトレンズの新調はまた別の日にそこへ行くことにして、ナンバをブラブラ

まずはいつもの散髪屋で1mmの坊主に…
本人すっきり、見た目は893…^^;

その後、OCATの丸善に 移動
文具売り場で「PILOTのコンバーターCON-20(カートリッジインキ式万年筆用インキ吸入器、価格210円)」を購入


書籍売り場で「デザインステーショナリー(えい出版 / 1,200円)」と「Lapita 11月号(小学館 / 980円)」、「独り暮らしをつくる100 / 川上ユキ(文化出版局 / 1,600円)」を購入




今月号のLapitaはなんと付録に万年筆が付いている!
それもあの丸善から限定販売された『檸檬』のミニチュア版!

「1999年(H11年)、丸善が創業130周年を記念し、丸善京都店を舞台にした梶井基次郎の名作「檸檬」にちなんだ万年筆を1000本限定発売(発売当時価格28,000円) その万年筆を丸善とLapitaがコラボレートして85%縮小させて新たに製作。『ミニ檸檬』という名で復活させました。(Lapita11月号より)」

鮮やかなレモンイエローの色といい、細身で手に馴染むサイズといい、その小ささからは想像出来ないずっしりとした重さといい、雑誌のオマケとは思えない出来に驚いた!

その後、心斎橋のKAWACHIでSTAEDTLERの「卵形芯研器(2mm芯と3.15mm芯が削れるダブルホールタイプ、473円)」を購入、ロフト前のドトールコーヒーで休憩
雨の中、大阪農林会館の"フラナガン"にも立ち寄る(ここでは何も買わず)



もう一度ロフトに戻って文具売り場で「ほぼ日手帳2006」を見る
一応ネットで予約してあるんだけど、手に取って見てみた
思ったより紙質が薄くて書きやすそう、届くのが楽しみだ

法善寺近くのいつもの焼き鳥屋で生ビール、今日もよく歩いたぁ




追伸;「ミニ檸檬」、あまりの出来の良さに、今朝出勤前に職場近くの本屋さんでもう1冊購入(笑)
[PR]
by weblog244 | 2005-10-06 21:52 | Stationery ...